秋葉原Akihabaraがビットコインを受け入れ始めた

電気街として有名な秋葉原。

同エリア内におけるビットコイン決済導入店舗が増加、新時代への動きをみせている。

秋葉原という街

コンピューターに関する商品、ゲーム、家電製品、エンターテイメント関連など・・・

豊富な品揃えで圧倒するこのエリアの店々。

最近はゲーマーにも人気の地域となり、アニメ・漫画などサブカルチャーの拠点としてもでも発展している。

地元日本人に対してのみならず、秋葉原は多くの旅行者に人気があり、ハイテク電化製品で人々を魅了している。

にもかかわらずつい最近まで法定通貨・現金のみを受け入れてきた。

そして今、デジタル通貨導入の動きが。

技術、ガジェットの街としての誇りがそんな期待をし、そんな流れを求めているのだ。

秋葉原のような場所で仮想通貨決済システムが進めば、一般レベルに浸透していくスピードは加速する・・・

そう予言できるわけだが、正直なところ秋葉原でやっとここまで来たか・・そんな感じだろう。

現段階では、ビットコインを受け付けている店舗はごく少数。

それでもその傾向は急速に拡大しているし、人々の理解認識度はアップしている。

 

なぜ秋葉原であることが大切なのか?

日本でこの流れを変えたのはビックカメラ。ビットフライヤーBitflyerと提携してビットコイン決済を始めた。

また、アークコンピューターショップはビットコインに加え、ご当地コイン的なモナコインMonacoinの決済も受け付ける。

さらに、リクルーメントライフスタイル社も自社の決済にビットコイン決済導入を始めた。26万店舗の規模拡大を見込んでいる。

ビットコインの利用=実際の通貨として機能する・・・

それはすごい勢いで日本中に広がっている。そしてそれは単に小売業や秋葉原のような技術系のみを対象としたことではない。

同じく東京で不動産仲介業を展開するデュアルタップDualtapはコインチェック Coincheckと提携してビットコイン決済を導入している。

スイス料理店Au Tokyoiteなどレストランでもビットコインでの決済は可能。

マーケットの大きな日本はまだまだこれからが本番

まだまだ手探り状態・・・

実店舗でのビットコインの実用的な取り入れられ方は何が最善なのか?どの企業も模索段階である。

なので、Coincheckとともに進めるリクルーメントライフスタイルの決済アプリは、この流れの先駆けと言えるだろう。

しかし多くの店舗がSUICAPASMOなどのスマートカードを導入しているわけで、このニュースはビットコイン決済のビットコイン・ウォレットはこれらの電子マネーカードにとって代わっていくものと位置づけられている。

参考元:Cointelegraph(https://cointelegraph.com/news/japans-electronics-marketplace-starts-adopting-bitcoin)