32時間で1億6000万ドルを調達。史上最大のICOへ!Tezos

 Tezos (Self-amending cryptographic ledger)はICO最初の2日間でほぼ2億ドルを調達した、とコインテレグラフは伝えている。

月曜日の記者会見時で、調達金額は42600ビット BTC(1億430万ドル)、184,700 ETH(5120万ドル)に達し、合計で約1億5550万ドルとなった。そして12日に終了まで続き上限がない、となるとTezosが最大のICOとなる可能性が高い。

このTezosプロジェクトは、有名投資家のティム・ドレイパー(Tim Draper)氏からの支持を得ているため強気を誘い、暗号通貨ファンやさらにそれを超えた範囲の多くの方面から大きな関心を集めていた。

 ドレイパーは、彼がスポンサーしたBancorが1億5300万ドル調達し、歴史的なICOを達成したのちどういうわけかTezosとの関係について控えめなスタンスだ。この1億5300万ドルは一週間後に、1億8,500万ドル調達したBrock Pierce’sの Block.One のICOにより影が薄くなってしまったのではあるが・・・・

制限なしのトークン発行は、6月に目立ったイーサリアムEthereum急騰と「至る所に見られた」「ネットワークの目詰まりや猛烈なラッシュ」を回避した。

Tezosはこれまで重度に分類される技術トラブルに直面したことはない。一方、軽く500億円近く資金を調達することが可能なその技術と機会をどう適切に使用し投資家に還元するかの手腕が問われている

参考元:Cointelegraph (https://cointelegraph.com/news/crypto-ledger-tezos-raises-160-mln-in-32-hours-will-become-largest-ico-ever)

LINE@で情報配信中!