PAYトークンフィーバー!デビットカード提供TenXのICOは7分で終了

先月、Tokencard(TKN)の記録的なICO達成(日本時間で5月3日の深夜1時から実施されて、約30分で終了)は記憶に新しいが、今回もまたイーサリアムベースのデビットカード+ウォレット系プロジェクトのICOとあり注目が集まっていたTenXのICO。こちらはすでにAndroidでテスト版が稼働、ここ最近の最注目案件と前評判の高さを見せていた。

シンガポール拠点のフィンテック企業TenX。

消費者がイーサEtherを、カードを使って現金と同様に使えるようにしたいと考えており、チャージ可能で、ゆくゆくは世界中の2000万規模の小売店で使用可能なデビットカードを提供している。カードに入金されているEtherが店頭での使用時に法定通貨へと変換される仕組みで、消費者が預金を暗号通貨で維持することが可能となる。

イーサEtherの市場がこれまでにないほど加熱・・・ますます多くの企業が、「消費者に柔軟に対応する機能性」を暗号通貨に与える方法を模索している中、最も注目を浴びている会社だ。

わずか7分で終了!

GMT午後1時に6月24日に開始され、7分後の午後1時7分には終了。

事前に行われた10日前のプレセールに続き、6月24日に行われたICOクラウドセールはわずか7分足らずで終了、 245832イーサリアムETH分をイーサリアムETHとのERC20アルトコイン(*以下参照)で集めた。 1イーサあたり350PAYトークンで交換されプラス 20%のボーナスが加算された。プレス時点での評価では、「約5800万ドルに相当する」としている。

* ERC20 tokens; Aragon (ANT), Augur (REP), Basic Attention (BAT), Blockchain Capital (BCAP), DigixDAO (DGD), First Blood (1ST), Gnosis (GNO), Golem (GNT), HumanIQ (HMQ), Iconomi (ICN), iExec RLC (RLC), Matchpool (GUP), Melonport (MLN), SingularDTV (SNGLS), Swarm City (SWT), Tokencard (TKN), WeTrust (TRST), and Wings (WINGS) were sent to the token offering address in exchange for PAY tokens. Dash, bitcoin, and Litecoin were also accepted.

また、事前に行ったプレセールだが、最低額125イーサ ETHを投入する投資家から100,000イーサETHを調達している。プレセール投資家も同様に20%のボーナスを受け取った。このプレセールは、大口投資家がICOから小口投資家を押し出してしまうのを防ぐためのもの。TenX側はそれは成功したと言えるレベルだろうとコメントしている。

これら結果は当初予定していたよりも45,000イーササリアムETH多く集めたことになる。TenXはこれを払い戻すのではなく、受け付けることに同意した。

「多く受けた45,000ETHを戻すのではなく、白書に記載されている通り、暗号化エコシステム追加について流動性を持たせTenXをサポートするためとし、受け取ったままにしておくことに。これは実際にトークン所有者と会社双方にWIN- WINの関係だと言えるのですが・・」この結果、45,000の超過イーサリアムETH、人数にして3000人近くの人々がトークンをいったん諦めたあとに受け取ることとなった。

TenX側は、2017年6月27日火曜日より前にこの配慮に不満を抱いている誰もが完全な払い戻しを受けられるようにしている。

参考元:ETH News

https://www.ethnews.com/tenx-token-offering-results-are-in)(https://www.ethnews.com/ethereum-needs-more-nodes-token-driven-transaction-frenzy-paralyzes-major-exchanges-and-wallets)(https://www.ethnews.com/card-innovation-to-let-users-spend-ether-as-cash-at-outlets) bitcoinist.com

LINE@で情報配信中!