ZILLAとは?1タッチで簡単にICOへ参加できるプロジェクトへ – 10月末にICO予定

現在、何かと日々の話題となっている仮想通貨・暗号通貨、そしてICOですが、業界を激震させるプロジェクトになるかもしれないZILLAというプロジェクトをご紹介します。

日本の企業もICOを検討する際の候補となること必須かもしれません。本日はそんなプロジェクトのZILLAについてご紹介します。

 

1.ZILLAとは?

ZILLAは2017年にアバサ・フィリップス(Abasa Phillips)によって立ち上げられた新たなブロックチェーンソリューションを提供するために設立された会社です。

画像元:Abasa Phillips 本人Twitterより

まだまだ新しいスタートアップの会社のようですが、ZILLAのサービスは、誰でも簡単に1タッチでICOに参加できるプラットフォームです。

このコンセプトをもとに、今後ビジネスを展開していく予定だそうです。他にも金融業務経験者・決済業務に親しみがあるメンバーが今回の開発メンバーとして加わっているようです。

 

2.実は日本で起業していた!?

実は驚くことに、CEOであるAbasa氏は、過去に日本で起業していたようです。

“革命的ショッピング体験を” プリモ株式会社

過去にもインタビューに答えているようですが、なんと日本語もペラペラの様子です。他にもBitcoin決済に対応するサービスを立ち上げていたり、決済業務に深い経歴があることが、過去の実績からも汲み取れるのではないでしょうか?

 

3.どんなサービス?

ZILLAのWhitepaperによれば、Amazonによって誰でもオンラインショッピングを簡単にできたように、同じようにICOへ誰でも簡単にできる投資の一つにしたいと考えているようです。

サービスイメージ図

画像元:ZILLA 公式HP より

現在だけでも1000は容易に超えるICOのプロジェクトですが、全世界のICOプロジェクトのビジョンや情報個人でも簡単に理解して、情報をキャッチし、参加できるようにしたいそうです。

サービスについてはWebサイト・モバイル(スマホ)のアプリケーションを公開していく予定とのことです。

 

4.ZILLAの”ココ”がすごい!

「誰でも簡単にできる」のはいいですが、具体的にはどのようにしていく予定なのでしょうか。実際のZILLAの強みなどをご紹介していきます。

1.複数言語対応

現在、英語はもちろん中国語、日本語、韓国語などにも対応していく予定とのことです。

2.掲載するICOの審査をする

ZILLA側で審査するチームを設けて、ZILLAのアプリで紹介・掲載するかどうかを判断するそうです。銀行が融資をする際の「審査」のようなイメージと考えて良さそうですね。

3.トークンを使って自由に決済できるAPIを構築

これにより、実際にトークンを使って決済できる仕組みを展開していこうと考えているようです。

さて、簡単に強みがわかったところで、具体的に競合他社がいないのかどうかという点についてです。簡単に表にまとめると次のような感じです。

 

引用元:ZILLA Whitepaper より

 

しかし、あくまでサービスとしては他社が純粋なる競合としてとらえているわけではなく、あくまで他のサービスなど含めて補完するような立ち位置として認識しているようです。

そしてなんと驚くことに、公式HPでも確認できますが、当サイトでも以前にご紹介した「Change-Bank」とも事業提携を結んでいくそうです。Changeについて詳しく知りたい方は以下の記事をご確認ください。

【ICO案件徹底解説】Change Bankの全容解説(2017/09/16 クラウドセール開始)【10月11日更新版!】

2017.09.08

 

5.ZILLAのトークン

サービスイメージ図

画像元:ZILLA Whitepaperより

 

シンボル:ZLA

ZILLAのトークンはERC20の企画に沿って造られる予定とのことだそうです。では、具体的にトークンはどのような場面で使えるのかというと、ZILLAを使ってICOに参加する場合に発生する手数料の割引として使うことができるようです。

Whitepaperに具体的な例が乗っているので、ぜひ確認してみてくださいね。

ICO参加者は、保有するZLA・トークン毎にUS$100の手数料割引が適用され、最大でZILLAに支払う手数料の100%の割引が可能です。例えば、US$20,000相当分のトークンを購入される場 合、本来なら手数料$200をお支払い頂くところですが、当該ユーザーが 2 ZLA・トークンを保 有されている場合は、手数料は一切頂きません。US$2,000相当分のトークンを購入されるユー ザーが、0.2 ZLA・トークンを保有されている場合、US$20が手数料から割引されます。あるい は、0.1ZLA・トークンを保有された場合、US$10の手数料割引がございます。

引用元:ZILLA Whitepaper より

 

6.【2017年10月11日】にて記者会見!!

本日、2017年10月11日にZILLAから公式記者会見がありました。今後、日本でも大々的にマーケティングをしていくことかと思われますが、今後の続報は公式情報もご確認くださいね!

 


さて、いかがでしたでしょうか。COMSAなども人気のブロックチェーンソリューションとして話題となっておりますが、既存のICOソリューションとは一味違ったプロジェクトをご紹介しました。気になる方はぜひ公式HPなどをチェックしてみてくださいね!

LINE@でオススメ情報配信中

友だち追加

Twitterにて記事の更新を配信中