優れたユーザーエクスペリエンスの提供へAddap’sとは!?気になるICO情報

ADDAP’Sというブラウザアプリとは一体どのようなものなのでしょうか。今回はADDAP’Sのブラウザアプリでどのようなことができるのか、ADDAP’Sの目指すビジョンについてご紹介します。

 

 

 

1.ADDAP’Sとは?

 

これまで、ブラウザに関連する暗号通貨(仮想通貨)のICOでは、BraveというMozillaの元CEOによるICOが記録的なスピードと金額をICOによって調達したことは、仮想通貨に注目する人であれば記憶に残っているのではないでしょうか??

 

ICO(Initial Coin Offering)の衝撃・・・Mozilla前CEOが設立したBraveが30秒で3500万ドル調達

2017.06.10

 

そんなBraveとは少し内容が異なる同社のプロジェクトは一体どんなものなのでしょうか。Addapが目指すミッションは、

 

ブラウザでより優れたユーザーエクスペリエンスを提供すること

 

だそうです。Youtubeでも代表が簡単に挨拶とサービスについて紹介してくれているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

ひとつのブラウザ画面で複数のページを管理できるようにすることができるようになる、というものです。また、将来的にはGoogleのChrome拡張機能にもAddapがサポートされるような仕組みを構築中とのことです。

 

 

2.XADスマートコントラクトとトークン

 

AddapのスマートコントラクトはAddapの技術を支援(受け入れ)するところと深い関わりをもつことになるそうです。たとえば、みなさんが普段アクセス・利用しているSNSのなどにスマートコントラクトを利用して、即座に、かつ安全にログインすることができるようにするためのものだそうです。

 

これによって発生するメリットがあります。主な利点としては次の2点です。

 


1.オンラインIDとログインプロセスを管理すること

2.スマートコントラクトで認証したコードのソースを一般に公開すること


 

 

画像元:ADDAP’S 公式HPより

 

 

では、具体的にどのようなものなのか、次のように述べられています。

 

 

1.オンラインIDとログインプロセスを管理する

→企業が開発した技術をブロックチェーンを使って保存することで、将来的に技術が生きること。また、ログインプロセスを管理することで、セキュリティを高めること。

 

 

2.スマートコントラクトで認証したコードのソースを一般に後公開すること

→新たに開発をしてコストをかけるよりも、すでに検証可能で公開されている技術(アルゴリズムなども含めて)のほうが信頼しやすいこと

 

 

ということだそうです。少し難しい内容ですね。ほとんどの人はエンジニアではないことがおおいため、一般的には1つ目の内容がよりイメージしやすいかもしれませんね。

 

 

 

少し具体例を考えてみましょう。たとえば、あなたは何かのWebサービスに、メールアドレスとパスワードを使って何かのWebサービスにログインする状況をイメージしてください。

 

 

このようなサービスは当然ながら第三者によって「ハッキング(専門的にはクラッキングと呼ばれるもの)」される可能性があります。しかし、XADトークンを使ってサービスにログインすることで、このハッキングを防ごうというアイディアのようです。

 

 

つまり、彼らが発行するトークンは、一般の方に今後安心してWebサービスを提供しようと試みている企画といえるのではないでしょうか?

 

 

 

3.実際にADDAP’Sを使ってみよう!

 

それでは、今回は実際にベータ版がすでに公開されているので、実際にどんなブラウザなのか、使ってみることにしましょう!

 

 

まずは、公式Webサイトへログインしてみましょう!

 

画像元:ADDAP’S 公式HPより

 

Mac・LINUX・WIDOWS版と種類が3つ選べます。みなさんのお使いのパソコン(OS)にダウンロードしてみてくださいね!筆者はMacを使っているので、Mac版をダウンロードしてみました!

 

 

続いて、ダウンロードとインストールが完了すると、このようなログイン画面になります!みなさんのお使いのメールアドレスと、パスワードを入力してみてくださいね!

 

 

さて、登録が完了すると、今度からADDAPブラウザを立ち上げると、次のようになります。

 

 

さて!ログインしてみました、すると次のような画面がたちあがります!

 

 

なんだかたくさんの画像と文字がでてきましたね!

 

この画面では

 

「どのようなことができるか」

「何を示唆しているのか」

 

というと、

 

「他のユーザーがシェアしてくれたWebページ(ブックマーク情報)」をそのまま見ちゃうことができます!!

 

この機能は、つまり、ADDAP’Sの開発チームが目指しているところの「さらなるユーザーエクスペリエンスの追求」というコンセプトそのものとも言えるのではないでしょうか?

 

今回、黄色で囲まれた部分をチェックしてみました!すると、次のような画面になります。

 

 

 

一気にたくさんのページがでてきましたね!いろいろみていくと、このユーザーがシェアしてくれたのは、音楽に関する情報のようです。おそらく、フランスの歌が好きなのでしょう。

 

また、このブラウザでは、画像内でも指摘しているように、たくさんのブラウザを立ち上げて、一つの画面でいちいちタブを切り替えることなく、かわりにスクロールすることで作業をスムーズに行えるよう設計してくれています。

 

 

また、ピンマークをおすと、常に表示させたいWebページが動かないように、固定してくれるものです。筆者も少しずつ慣れてきました。

 

それでは次に、検索をしてみましょう!

 

画面の一番上のところが検索ボックスのようです。ここに、キーワードを入れると、、、

 

 

 

当サイトもしっかりと確認することができましたね!

 

 

実際に筆者も使ってみた感想ですが、操作性もなめらかで、非常に使いやすくワクワクするというのが率直な感想です。いろいろと使い込んでみると、まだまだGoogle Chromeには及ばないところも否めない感じはありますが、それでもやはり、ベータ版としては十分な機能ではないでしょうか。

 

 

このブラウザを使ってみて、実際に筆者がおすすめできることは、次の3つです。

 

 

1.普段たくさんタブを使い分ける人にオススメ

2.ネットサーフィン(調査)がしやすい

3.デザインがおしゃれ!

 

 

普段、Google Chromeを使っているため、それに比べると不慣れなため、何をどうしていいのかわからなくなることもありますが、サービスの乗り換え時にそれはつきものなので、あまり気になりません。ぜひ、気になった方はダウンローとして使ってみてくださいね!


LINE@でオススメ情報を配信中!

友だち追加

Twitterにてニュースをチェック!