日本はビットコイン取引量首位を取り戻す・・ポーランドが意外にも第六位に

日本の取引所はほぼ手数料ゼロであるから・・

日本はビットコイン取引量首位という”ポールポジション”を奪還した。


CryptoCompareのデータをみると、ビットコイン取引のうち、日本円での取引量は過去24時間で世界全体の43.6%にも及ぶことがわかる。

日本円の取引量は、97,000 BTCを超えており、現在世界取引量25%を占める第2位のドル取引量55,800 BTCをまるで小人のように規模小さく感じさせてしまう。

日本はビットコイン取引量で現在3位である中国を2月、ビットコインの出金停止が行われた時、はじめて抜いたのだった。

そうして市場の仕切り直しが行われ、手数料無料の取引や税制優遇措置などの魅力が誘導するように働いた結果、国内取引がさらに活況となった。

それとは対照的に、中国では暗号通貨に対して規制が敷かれたこともあり、手数料無料の取引サービスは現在提供されていない。

また、実店舗でのビットコイン決済サービスが増え、信用ある店舗、それに追随するアウトレットなどの参加で「一般の」消費者たちの関心が大きく集められ、通貨としてのビットコインの利用増がじわじわと進んでいる。

その他にも、CryptoCompareは意外なデータを示している。ビットコイン取引量が最も多いのは・・上位5位をあげると、日本円、米国ドル、中国人民元、韓国ウォン、そしてユーロとなっているが、六位にはポーランド・ズウォティが続く。24時間の取引量は858 BTCで、ポンド、オーストラリア・ドル、カナダ・ドル、ロシアのルーブルよりも多い。

参考元:Cointeregraph

https://cointelegraph.com/news/japan-tops-bitcoin-trade-volumes-again-as-poland-takes-surprise-6th-place